医療レーザー脱毛は胎児に影響を与えることは無いと言われていますが、妊娠中の脱毛はあまり勧められません。

妊娠中は体調が不安定で肌も敏感な状態となっていますし、施術後に肌トラブルが起きてしまうことがありますし、施術中に気分が悪くなってしまうこともあるのです。また、脱毛の痛みが原因で陣痛が誘発されてしまうことも考えられますし、脱毛によるストレスが流産を引き起こすこともまったく無いとは言えません。このようなトラブルが起こってしまった場合、クリニックでは責任が取れないので妊娠中は医療レーザー脱毛をしない方は良いでしょう。

ちなみに、妊娠中に医療レーザー脱毛を受けてもあまり効果が出ないこともあります。妊娠中はホルモンバランスが変化するため、普段よりも毛が濃くなることがありますし、施術を受けてもすぐに毛が生えてしまうことがあるのです。お金をかけて医療レーザー脱毛を受けてもすぐに生えてしまったら意味がありませんし、出産してホルモンバランスの乱れが整ってから脱毛を再開した方が良いでしょう。

妊娠中に医療レーザー脱毛を受けるのは良くないのですが、生えてくるムダ毛をそのままにしておくのは気になるという人もいるかもしれません。その場合は体への影響が少ない自宅でのムダ毛処理を行うのがおすすめです。しかし、自宅での処理を繰り返すと肌の赤みなどといったトラブルが起きてしまうこともあるため、肌のケアをしっかりと行うことがポイントです。

町田のAGAについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です