医療レーザー脱毛を受けたいけれど、妊娠していても施術を受けられるのかどうか気になっている人も多いでしょう。

ちなみに、カウンセリングの際に妊娠の有無を聞かれることもありますが、基本敵に妊娠中は脱毛ができないということです。脱毛に通っている途中で妊娠してしまった場合、不安になってしまうこともあるかもしれません。カウンセリングの時には妊娠中は施術を受けられないなどと説明されることもあります。

しかし、医療レーザー脱毛は胎児などに影響があるというわけではなく、妊娠中は脱毛による痛みやストレスなどが良くないということです。クリニックで行われている医療レーザー脱毛やエステサロンの脱毛の場合、レーザーは肌の表面の毛根までしか届きません。レーザーが体内まで浸透することはありませんし、直接胎児に影響を与えることはないと言われています。もちろん妊娠中に脱毛をして胎児への影響を実験することはできませんし、確実に安全なのかどうかは分かりません。

そのため痛みやストレスなどが気にならなくても妊娠中の医療レーザー脱毛は避けた方が良いでしょう。また、脱毛を受けた後で妊娠していたことが分かっても、過剰に心配する必要がありません。逆にいろいろ心配するとストレスになってしまいますし、そのストレスの方が胎児に影響を与える可能性があるのです。医療レーザー脱毛が胎児に直接大きな影響を与えることはありませんが、妊娠中は体調が不安定な状態ですし、肌も敏感になっています。そのためできるだけ避けた方が良いということです。

町田で永久医療レーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です