自宅で、自分でムダ毛を脱毛している人は多いですが、甘く見ている人も多いです。

だから、後で赤くなってしまったり、痒くなったり痛くなったりすることがあるのです。ムダ毛を抜いた直後の毛穴は開いたままです。しまってくれればいいのですが、しばらくは毛穴が開いたままなので、雑菌などが付着して炎症を起こしやすくなります。また、脱毛自体がとても大きなダメージです。皮膚はとても乱れます。つまり、肌のターンオーバーが異常になってしまうのです。

肌のターンオーバーが正常にならないと、古い角質と新しい角質がうまく入れ替わらなくなります。大したことがないように見えても、肌は悲鳴を上げています。まずは、正しい方法で行うことです。衛生管理にはくれぐれも気をつけてください。清潔な手で始めましょう。脱毛器具も清潔な状態にしておいてください。これで、雑菌の繁殖を極力抑えられるでしょう。また、アフターケアも大事です。これはやってください。

肌のターンオーバーを早く正常に戻せます。アフターケアの方法ですが、保湿してください。ローションなどで構いません。自分の肌に合ったものをつけます。乾燥していると思ったら、多めに塗っても構いません。冷たく冷やしておくと、毛穴が引き締まって良いです。アフターケアまで行っていると、あまり肌が乱れなくて済みます。多くの人は、ここを怠っていたり、間違っていたりするので、脱毛後に何らかのトラブルが生じていたのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です