エステサロンや美容クリニックに行くと、必ず施術の前にカウンセリングを行います。

その際に、生理不順だと伝えると場合によっては生理不順が改善されるまで施術ができないことがあります。たとえば、VIOラインの施術を希望している場合や、生理がいつ来るかわからないとせっかく予約を取っても生理と重なってキャンセルしなければならなくなることがあるため、理屈としては理解できるでしょう。しかし、ワキや手足などVIOゾーンと関係な部位の脱毛であればできるような気がしますが、なぜ生理不順だと施術ができないのでしょうか。実は、脱毛と女性ホルモンには深い関係性があると言われています。

脱毛の効果は女性ホルモンの分泌と深く関わっており、生理不順だということはほかの理由も考えられますがホルモンバランスが悪いということが第一に上げられるため、せっかく施術を行ってもホルモンバランスが崩れているせいでほかの人と同じような脱毛効果が得られないことがあるのです。すべてのサロンがそうではないですが、婦人科の受診を勧められることもあるかもしれません。

ただ、美容クリニックの医療脱毛であればホルモンバランスが崩れていて生理不順であっても施術を受けることは可能であり、効果も十分に実感できることがあります。しかし、いくら美容クリニックでは施術が受けられるから大丈夫といっても、生理不順というのは体が発しているサインでもあるので今どういう状態で生理不順が起きているのかをしっかりと確かめた上で施術を受けるのが望ましいといえます。
町田で永久脱毛のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です